Rockバンド騒音寺の裏ツアー日記&騒音寺についてを、スタッフ目線から見た裏ブログ


by so-on-g5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:懐古録( 105 )

レコーディング前だ~

中島らも氏との、共演で意気揚々となった騒音寺に、温かい愛の手が!渋谷Club QUATTROでLiveをする、デキシード・ザ・エモンズが、騒音寺を呼んでくれたのです(嬉)!
初めてクアトロのステージに立った時に、気持ちが良くって、感動した!!また、あの場所に立ちたいねん!ハッチって、二人の飲みながらの会話の中にあったらしく、イベント以外でのクアトロステージを体験しました。その時にNABEちゃん、『絶対ここで又LIVEがしたい!今度は、自分達の力で出来たら良いのになぁ~!!』って、言ってたよな~。
f0194704_15581172.jpg

そして、沖縄にミニツアー!!!!!!
特に、2日目のGROOVEでは、大盛り上がりで、“乱調秋田音頭”で、沖縄流な盛上がり!?口笛に合の手、手の振りまでもが、全て沖縄流でした。会場に入れているんやけど、身動きの取れない位の人に、NABEちゃんの歌っている顔より、ステージの方にお客さんの顔があったりして、最前列の方々は、NABEちゃんを見れてないんじゃないかと・・・。
騒音寺加入後の初遠征が、沖縄だったサウザーには、いろんな意味でも試練が待ち受けてたみたいですが・・・。サウ部屋でもチラリと、語ってますかね~

このバンカンスのようなツアーを終え、いよいよ『まにぐるま』のレコーディングへと突入でした。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-30 16:22 | 懐古録
その年の2月に、初対面で、すっかり意気投合したのを良いことに、図々しくもお願いして実現しました!
f0194704_15315771.jpg

そーです!故 中島らも氏です。
あの、拾得に、溢れんばかりの人・人・人!入口まで来て、入れなかった方々が大勢いて、物凄いことになってました。ステージの上でも、凄いことになってたんですが、一番は、そんな人達が居た楽屋っすね(笑)。さらに仲良くなって、お酒・ロックの話から、×××な話まで、めっちゃロッキンな中島らも氏に、皆ノックアウトされてました(笑)。
そこで盛り上がり、7月には、名古屋TOKUZOでも一緒にって、決まったんですが、残念なことに、氏は、その2日目に不慮の事故にあい、お亡くなりになられてしまい、実現しませんでしたが、一緒に色んなロックな事しよう!って、盛り上がっていただけに、残念です・・・。
生前、『新しいアルバムを出すので、コメント下さいよ~。』って、軽く言った言葉に、御自分の名前が入った、原稿用紙に直筆で、何度も添削した跡の残ったコメントをFAXで頂いた時には、感動しました。
f0194704_161668.jpg

きっと、生きておられたら、あの頃と変わらないバカ話で、またもりあがるんだろうなぁ~って、思います。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-30 15:45 | 懐古録

春爛漫

無念の事故で活動休止していた、片山ブレイカーズの活動再開を祝して、魔界大宴会を開催したんですが、全国から色んなバンドがきてくれました。中には、呼ばれてもないのに宇宙からやってきた“The全力オナニーズ”までもが(笑)。
f0194704_15181344.jpg

オオトリで、登場した片山君を見た時には、怪我をする前より鬼気迫る何かを感じ、私達も負けてられないって、ハッパをかけられた気持ちになりました。

そして、ご存知NABE&ハッチの続々行くぜ!同級生ツアー!
この時の、磔磔では、磔磔30周年の周年イベントの一環として、なんと対バンには、そのオーナー店長水島さん率いる“ザ スリッカーズ”とご一緒させていただきました。
お客様の年齢層が、いつもにまして渋い方々が多かったのに、少し緊張もしました。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-30 15:34 | 懐古録
2004年に入って、既に4回目の名古屋。場所は、“ダイヤモンドホール”!!

このステージから、サウザー加入です。その時の心境などは、彼のブログ“サウ部屋”で、語ってますので、参考アレ。
名古屋大須を拠点に、全国に発信“アングラポップ”を代名詞に、松石ゲル君率いる“シロップ”をはじめ、“ホット・ハニーバニー・ストンパーズ”を、抱える『THE OTHER』主催によるイベントに参加。騒音寺と描いたバックドロップが、あの大きなステージに掲げられた時には、ちょっぴり感動しちゃいましたね~
そして、同月今年5回目の名古屋がありました。共演には、京都のふちがみとふなと。何故か、名古屋の地にて初共演でした。
f0194704_14452789.jpg

この男サウザー、よく考えてみると、騒音寺が初めて渋谷クアトロのステージの時も、トラで叩いてくれてたし、初ステージも名古屋ダイヤモンドホールからやし、大きなステージに縁があるみたいです。トラで3ヶ所手伝ってもらった時も、突然なお願いに応えてくれましたもんね~。これも、"サウ部屋”に彼の心境が出てます。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-28 14:26 | 懐古録

2004年始動

年初めLiveは、名古屋から!
そして、この名物イベント『魔界大宴会VOL.3』
f0194704_1355516.jpg

名古屋からは、サイコビリーの大御所:エイトメンが、参戦してくれ、この時もらったバンドTシャツをエラク気に入ったのか、暫くなべちゃんは、いつもエイトメンTシャツでしたね(笑)

この次の月、2月には、京都 磔磔で、デキシード・ザ・エモンズ/ボブログⅢとの共演!千葉では、来週お世話になります、サムライデリカテッセンバンドとLOOKでの初共演!
そして、運命の出会いか!? 2月22日(日)神戸STAR CLUBで、関西が誇るロッキンな作家、中島らも氏との共演!!この時に、何故か意気投合しちゃったんだよなぁ~。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-28 14:07 | 懐古録
2003年秋、この年4回目の九州上陸。
山川ノリヲ氏率いるギオターパンダ(当時は、2人編成でした)との、カップリング・ミニツアーです。福岡ビブレホールからのスタートやったんですが、いきなりこの会場、楽屋でも禁煙という、喫煙者泣かせで、入れ替わり立ち代りエレベーターを使用する面々・・・だって、喫煙場は、1階だったと思うんですが(笑) 翌日は、九州最多出演会場の小倉BAGOO(現在名前をFUSEに変更)、パンチョ×××にお世話になり、初上陸の地、熊本へ!
f0194704_13471972.jpg

熊本の会場が、普段飲み屋をやっているスペースを借りてのLiveで、ステージも5人編成の騒音寺には狭く、ドラムが、右端の台の上にあげられ、ベースは、椅子を置かれ、その上に立ってのプレイになりました。鹿児島に住んでいる、なべちゃんの友達が遊びに来てくれて、ウンコ焼酎?話で、盛り上がってたなぁ。この日の宿としてお世話になったのが、熊本競輪場すぐ傍にある、『凛や』さんです。そこで、夜遅くまで、ドンチャン騒ぎ!!バッタバッタと、死体の山が出来上がっていきました(笑)

この時、なべちゃんが昔の音楽雑誌を見つけて、その中に『THE PRIVATES』の昔のグラビア写真を見つけ、当時のなべちゃんのRockアイドルだった延原さんを見つけて、凄い興奮してましたね~。
サキカちゃん、今回は、行けなくてごめんね!綺麗なおね~さんになってるんだろうなぁ~。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-28 13:50 | 懐古録

愛の写真家

2003年秋、今も、騒音寺のアルバムジャケット写真・フライヤー写真・アーティスト写真等を、手がけてくれてる、『愛の写真家 哲&時』のお二人と、初めての撮影会がありました。
本格的なアー写など今までに撮ったことが無かったので、ダメだしの嵐に、ボツ写真の山でした。

お二人とは、騒音寺Live最多出演記録を持つ、名古屋が誇るLiveハウス“TOKUZO”で、知り合い、何度かLiveに来て頂いていて、友人である山川ノリヲ氏(ギターパンダ)などを介し、親しくなり、一度お願いします~と、いうことで、お願いしたのがきっかけでした。勿論、当時から貧乏な我レーベルは、正規の代金を支払える能力は無い為、出世払いでお願いします!と、言って、ごり押しでお二人に、泣いて頂いてまして・・・。今の騒音寺を語るのには、なくてはならない人達です。
2006年には、写真展も開催し、その時の様子は、皆さんもご存知のように、HPのTOPの写真をクリックして頂けると、見れます。
f0194704_1641554.jpg

この第1回目の撮影会では、短髪になった岡ちゃんを、どうしようと悩んだんですが、×ゲームのような結果になってしまいました・・・(泣) ホンマに、話題に事欠かないオヒトです(笑)。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-27 16:45 | 懐古録

スゲーッ~

先々週の、ピストル・ピートとの共演もまだ記憶に新しいですが、
2003年10月29日@磔磔にて、イギリスが誇るギターリスト、あのウィルコ・ジョンソンとの共演が、ありました。
f0194704_13161797.jpg

ピートのギターも凄かったですが、ウィルコのプレイも凄くって!それこそ、今回のBEST盤のジャケットを描いてくれた“ザ 50回転ズ”のダニーが、敬愛してやまない方で、ダニーに、この時の事を話したら、メッチャ興奮してはりました。
でも、ピストル・ピートも、ウィルコ・ジョンソンも、共通して言えるのは、打ち上げが凄いっす!!
よー飲むし!!半端や無いです!肝臓が違うんやろなぁ・・・。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-24 13:17 | 懐古録
22日のZepp Fukuokaでの、イベントも緊張の中、無事に終え、当日は、博多の街に宿泊し、翌日の朝起きて、一同車で、名古屋今池に移動です。翌24日に控えている、初・下北沢club QueでのLiveにそなえて、途中の名古屋に。
そして、Liveの出演でもないんですが、今池といえば『TOKUZO』皆で、一杯飲みに行きました。「お~、お前ら、一昨日会ったなぁ、何してるんや?」って、オーナーに笑われながらも、馴れ親しんだ空間と、スタッフの皆に会えて、前日の夢のような体験から、いつもの自分達に戻れた瞬間だったような気がします。
f0194704_12373165.jpg

翌日、Queで会ったハッチの第一声「お~、又会ったなぁNABE!一昨日会ったばかりか!(笑)」やったし。この時、店長の二位さん自らPAをして頂いたんですよね~ありがとうございます。
翌日は、出来立て1ヶ月の、新宿red clothに。そして、26日!そうです、名古屋TOKUZOです。オーナーに「又、おまえらか!?(笑)」と、笑われ、看板娘のイズミちゃんには、「あんたら、来過ぎでないの~」なんて、言われるし。決して、名古屋のバンドじゃないんですが・・・(笑)。次の27日は、やっと、地元京都拾得。
翌28日が、THEタコさんに呼ばれて、大阪 住吉大社での、屋外イベントに参加。ここでも、ハッチが出演していて(笑)、「イヤ~よくお会いしますなぁ~」とか言われました。

1位:ハッチ 5回
2位:TOKUZOオーナー森田さん 3回
の順位でしたね~ 

今のところ、この時が、一番長く、家に帰れなかったツアーでした。
どんどん家が、遠くなる~♪  まさに、風来坊でしたねぇ。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-24 12:54 | 懐古録

さぁ~Zepp Fukuokaだ!

お昼過ぎに、福岡に到着!胸躍らせ、会場入りです。
ひ・広~い!!さすがに、大きなステージに、一同呆然でしたねぇ。この日は、『Rock, Blues & NOW!』というイベントで、騒音寺は、トップバッターでした。リハーサルから、良い緊張感が漂ってました。楽屋も与えられ、デキシード・ザ・エモンズと同室だと分かり、皆ホッとしてました。ここからが最悪で、楽屋前が、ケータリング置き場だったんですが、「ご自由にどうぞ。」って、言われるや、全員で飛付き頂戴し、飲むは食べるは、アッというまに空っぽに・・・。知らん振りしていたら、スタッフの人達が、補充してくれるんですが、それも直ぐ完食する始末。しょーが無いよね~だって、他の出演者は、飛行機移動にホテル付きなのに、騒音寺は、車移動にホテルも自分達で探して、とその時点で、違ってたのだから、朝一番の岡山から、殆ど休憩も無く、車で来たものだから、お腹も空いてたのは当然です(笑)

【出演】遠藤賢司+森信行、Zi:LiE-YA<柴山俊之(唄)/澄田健(六弦)/タツヤ(六弦)/穴井仁吉(四弦)/大島治彦(太鼓)>、外道、ZOOBOMBS、蝉、騒音寺、DMBQ、MAD3、デキシード・ザ・エモンズ

この出演者の面々を見て頂くと、納得ですよね。
そうそう、この日に合わせて、板前カットの岡ちゃんは、彼の意思は聞かずに、金髪にブリーチして、強引に眉毛を細く整え、衣装を変え
“ビリー岡”
として、再出発して頂きました。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-10-21 16:47 | 懐古録