人気ブログランキング |

2008年 11月 13日 ( 9 )

楽屋にて

f0194704_20313843.jpg

本日、初対面で感激の初共演させてもらいます、“ひとりTOMOVSKY”さんで~す。

『blog用に、1枚撮らしてもらっていいですか~?』の問いに、ニッコリ笑顔でポーズしてくれはりました(嬉)!
この時、本当は足を怪我されていて、出番直前まで冷やしておられたんですが、この笑顔でした。しかも、その後のステージでも、お客さんには、そんな痛みを感じさせない楽しいLiveで、これぞプロという素晴らしいものでした。

いや~、昔のイメージのままのご本人を間近で見れて感激でした~プライベーツの延原さん以来の感動でした…お二人とも、青年のまんまやし、年齢を聞いてビックリするくらいです。うらやましい~(≧へ≦)
by so-on-g5 | 2008-11-13 20:31 | ツアー日記

リハーサル開始

f0194704_16573533.jpg

怒髪天兄さん達とも久々の再会で、会場入りしてからも、今朝のスポーツ新聞に載ってた記事についてや、ツアー中話でやいのやいの(笑)

ボチボチ、騒音寺さんリハーサル開始してね~
by so-on-g5 | 2008-11-13 16:57 | ツアー日記

おはようございます

f0194704_14124869.jpg

岡ちゃんをピックアップで、いざ神戸へむけて出発!

真相は、風邪ひいてしまったらしいです。皆にうつしては、との配慮からマスクな外人?での登場でした。
by so-on-g5 | 2008-11-13 14:12 | ツアー日記

CO☆HEY加入

2005年8月20日京都 磔磔での騒音寺のLiveが終わって、紹介されたのが、当時23才のCO☆HEYでした。『若!!!!』って、いうのが私の第一印象で。そりゃそうやんな、10歳も年が離れてるんやからしゃーないがな(笑)
f0194704_318996.jpg

軽く挨拶をして、その後有無を言わせず、一緒に飲みに連れて行ったというか、彼にしてみたら拉致られたんやろけど・・・。
この日の夕方に、仕事を終えたばかりのCO☆HEYに、『取りあえず、写真を1枚もってきてもらえるかなぁ~』って、電話していて、時間が無い彼が持ってきてくれたのが、証明写真で撮った写真だったんですが、何も説明しないで持ってきてもらったその写真が、まさかその後、缶バッチになろうとは、その時は知る由もありませんでした(ゴメンネー)。

その後、スタジオで練習があったりして、8月27日 神戸 VARITのLiveから正式に加入し、今の5人の騒音寺メンバー最初のLiveとなりました。
そう明日は、その神戸VARITでのLive!
今やすっかりと妖怪組の仲間入り(?)をしてしまったCO☆HEY(笑)、思い出のVARITで、どんなLiveをしてくれるのか、楽しみです~
by so-on-g5 | 2008-11-13 03:36 | 懐古録

ロックの親分と

春の菊花賞とのミニツアーをきっかけに、今度は、BANDで共演したいねって、柴山さんからの温かいお言葉から実現した、東名阪+京都の4ヶ所のミニツアー!
f0194704_223862.jpg

このツアーで、更に色んなことを学び、考えさせられた、とても実りあるツアーとなりました。
私達スタッフサイドも、学ぶべきことが沢山あり、本当にご一緒出来、良かったと思ってます。

でも、7月23日の下北沢CLUB251のLiveの日、東京に到着しリハーサルを終えたばかりのその時、震度4の地震が!? 地震に慣れていない京都組みは、びびってしまい『京都に帰ろーか。』なんて、言葉まで聞かれたくらいです(笑)。東京の方々は、「あ~、今回のは結構揺れたねぇ。」って、淡々と語ってるし!? うちら地震に弱すぎです(泣)

先日、CO☆HEYに聞いたら、このツアーの3日目の京都 磔磔でのLiveに、久々の騒音寺を見に来ていて、トイレでベース募集の紙を見たらしいです。
聞くとこによると、学生時代は、よく見に来ていて、岡ちゃんの板前カットになってた磔磔ワンマンも来ていて、「新しいギターの人に変わったんや~」って、思ってたそうです(笑)社会人になってからは、中々休みも無く、久々のLiveだったんだって!運命やね~。その時の、彼の心境なんかは、All Aboutの方のインタビューで答えてます。
by so-on-g5 | 2008-11-13 02:22 | 懐古録

やっぱり6月

そうなんです、何故だか前回に続き今回も6月にレコーディング!
6月レコーディングといえば、今回のBEST盤のレコーディングも6月だったし(笑)。
f0194704_1544895.jpg

レコーディングも終わって、さぁ~Liveがした~い!!って気持ちになってる騒音寺の共演は、うつみようこ&YOKOLOCOBAND(ヨーコ・元ソール・フラワー・ユニオン、奥野・ソール・フラワー・ユニオン、久原・元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTThe Birthday、グレート前川、竹安・フラワーカンパニーズ)でした。圧倒的な存在感・テクニックに全体の調和、本当にこれが、各々別々に本気バンドをしていて、集まってやっているバンドとは思えないほどで、個々メンバーからのアドバイスは、とっても勉強になりました。
by so-on-g5 | 2008-11-13 01:30 | 懐古録

ロックの言霊が集結

東京での“騒音寺5.5”といえど、共演は馬場(ex.チェルシー、ex.首狩族、NOKEMONO)率いるThe SHOCK! 京都のバンドやん!?って、思ったけどそーでもないんです。馬場君を支える他のメンバーは、当時の“毛皮のマリーズ”だったりと、豪華な組み合わせでした。
f0194704_0423575.jpg

モチロン、その後京都である『魔界大宴会Vol.7』にも一緒に出演してもらいました。

この時に、なべちゃんと馬場君の会話から、昔、和歌山にLiveに行った時にも二人は共演していて、その時の地元の高校生バンドでの共演者が、毛皮のマリーズの志磨くん(Vo.)だったそうです(驚)!? そんな出会いが、昔あったとは・・・・。
by so-on-g5 | 2008-11-13 00:51 | 懐古録

2005年5月5日

騒音寺5.5!
この年、ついに京都から場所を東京に!
f0194704_0172218.jpg

場所が、東京になったのも初ならば、TAMUが騒音寺のフライヤーに一人で出たのも、この時が初だったり、中々モミアゲの光る良い写真じゃないかと・・・(笑)。
f0194704_028054.jpg

5月は、凄かったです。大阪では、かまやつひろし(ムッシュかまやつ)さんとも共演でき、忘れずにサイン頂きました。不思議な魅力をもったお方でした。
by so-on-g5 | 2008-11-13 00:28 | 懐古録

憧れの方々

なべちゃんが尊敬してやまない柴山“菊”俊之Zi-LiE-YA、ex サンハウス)
TAMUが憧れ続け、バンドを始めたきっかけとなった花田裕之ROCK'N'ROLL GYPSIES、ex ルースターズ)
このお二人のアコースティック・デュオ『菊花賞』との、夢の共演!!
f0194704_045351.jpg

二人(NABE & TAMU)が、ことのほか緊張していたのもあって、私やしのやん他のメンバーまで緊張しっぱなしやったし。
しっかりと、サインを貰ってファンであったり、荷物を持ってローディーのようになったり、Liveを食入るように見てたりと、二人にとっては、夢のような3日間やったことと思います。

ホンマに、奇跡のロックナイト!!でした。
by so-on-g5 | 2008-11-13 00:12 | 懐古録