人気ブログランキング |

2008年 10月 19日 ( 6 )

和服姿で

今日も、磔磔で主催イベントをしている、しのやんより、写メがきました。
f0194704_2259811.jpg

騒音寺のHP管理人を、長年手がけてくれてるこの人、きうちゃんです。
私達が、騒音寺に関わる前から、騒音寺のHPを立ち上げてくれて、リニューアルした今のサイトに至るまで、PC関連に弱い私達には、なくてはならない御人でございます。
騒音寺の“浮気節”ブログなどで、バッチリ綺麗なLive写真は、彼女の作品です。今回のBEST盤に使われているLive写真など、ますます腕をあげてきてます。ちょっと見辛いなぁ~っていうのが、私が携帯で撮ったモノです(スミマセン)。

送られてきたコメントも、そのまま掲載しますね~

気合い満点の着物姿は管理人のきうチャン!

マジ、綺麗っす♪                   (by.しのやん)


きうちゃん、本当にいつもありがとう!!
by so-on-g5 | 2008-10-19 23:12 | ツアー日記

3枚目だ~

しのやんが、以前より気になっていて、出演をお願いしたく、恋焦がれていた(笑)片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティー。年末12月13日に、Rock A Go Go主催の拾得でのLiveには、出演していただいていたのですが、彼等も、自らのイベントを主催していて、中々タイミングが合わなかったのですが、遂に実現!場所は磔磔、共演は、ガソリンを交えての3バンドで!!
この頃、しのやんが片山ブレイカーズを記する時のキャッチが『京都の誇るガレージプリンス』だったんです。
f0194704_19185031.jpg

何度探しても、フライヤーが1枚も残ってなく、どうにかポスター発見(泣)
一度、知り合いになると、こっちのモノとばかりに、その後の3rd.アルバムのレコ発イベントへのオファーを、猛烈にしました(笑)
その後、騒音寺と、片山ブレイカーズが中心となって展開していく事になる『魔界大宴会Vol.2』~3rd.狐か狸か 発売記念特別イベント~を、開催。
f0194704_1924457.jpg

世代こそ違えど、同じ構成の5人編成バンド。当時から、なべちゃんの言っていた、「同世代のバンドや、目上の方々との共演は、そりゃ嬉しいけど、もっと自分らより若いバンドと、一緒に共演して、良い刺激をもらって、そこで他のバンドを見に来たお客さんが、楽しかった!って、言って貰えるLiveを、したいねん!」という言葉、この時の状況にも、当てはまるんやろなぁ~
by so-on-g5 | 2008-10-19 19:52 | 懐古録

関門海峡越え~

怒涛の2002年を経て、2003年!年初めは、ハッチとの同級生ツアーへ。

その翌月には、前年より、騒音寺に、熱いラブコールを送ってくれていた男の待つ九州へ!
f0194704_18452885.jpg

Rock A Go Goが、関わって初の九州へ!(以前にメンバーだけで、博多でLiveは、していたので、こう記します。)
京都が、寒い寒い2月だったので、厚着していったら、そんな分厚い上着は、要らないし、ブーツを履いていった私なんかは、途中で靴を買いました(笑)。

このブログの、ツアーの日を見てきた方々なら、察しがつくとは思いますが、そうです、初めての所といえば飲んで食って大騒ぎ!!

九州に関しては、来月のLiveの時に、詳しく触れたいと思います。ここだけでは、足りないので(笑)。キーワードは、“パンチョ!!”
by so-on-g5 | 2008-10-19 18:58 | 懐古録

2002年大晦日

『Big ship comin'』のレコ発ワンマン@拾得!から始まった2002年、東京に行き、名古屋に行き、大阪・神戸・ちょっと足をのばして岡山、姫路、浜松、やっぱりこの年の締め括りは、拾得!
f0194704_18271421.jpg

この妙に、二人のキャラが逆転したフライヤー、ポスターにもなって、あちこちに貼っていただいてました(笑)。
原画は、拾得のオーナー夫妻の息子さんである、大海君です。彼も、TAMU&サウのコンビと同じ、同級生で、当時、騒音寺のスタッフとして、ツアーにも同行してくれたり、あの5・5青空騒音寺の記念Tシャツは、1枚1枚、全て彼の手作業によるモノだったのです。

大晦日の拾得には、東京から“宙ぶらり”が駆けつけてくれ、入場者全員で、プレゼント争奪抽選会をしたりと、Live以外の催し物があったりで、忙しかった最初の年の暮を、皆であじわいつつ、飲んだくれ(笑)2003年を、迎えることになりました(・・・やっぱり酒か!)。
by so-on-g5 | 2008-10-19 18:38 | 懐古録

にしき屋

2002年5月5日の、京大講堂前広場にて行われた“青空騒音寺”なる、フリーコンサートを、手伝って頂いた『にしき屋』が、この年の秋に開催したのが、今や秋の京都といえば、というくらいになりました『ボロフェスタ』です。
騒音寺は、第1回目の2日目のトップバッターを、メインステージで、やらせていただき、“デキシード・ザ・エモンズ”“ギターウルフ”などのそうそうたる面子と、共演できた、最初のフェスティバルでした(注:Rock A Go Goが関わってから、という意味です)。

物販が、デキシーさんのお隣で、カナリあやかれた思い出があります(嬉しかったなぁ~)。

このフェスティバルに出演することが出来、気持ちも盛り上がり、その後直に、3rc.アルバムのレコーディングに突入でした。
by so-on-g5 | 2008-10-19 16:47 | 懐古録

ドラゴン監督

騒音寺の最新PV『KARASU ON MY SHOULDER』(タイム・ボム購入特典/myspaceにて試聴可能)!この作品を、手がけてくれたのが、“沖‘ドラゴン’竜一 監督”です。
沖監督といえば、騒音寺の初めてのVIDEO、『BIG SHIT COMIN'』の撮影をしてくれた人物で、監督の映画作品に、騒音寺の『裸の街』を使ったのをきっかけに、この作品が、誕生しました。
f0194704_15522515.jpg

今回のPV撮影も、締切ギリギリの日程の中、監督に伺いをたててみたら、「ほな、俺がその日に合わせて、大阪まで行きますわ!!」って、即答して、東京にお住まいなのに、アシスタントを従え、リーハーサル時間の大阪に来て、何テイクも妥協無く撮影をし、急ぎだと言った私達のワガママに応えるべく、騒音寺がLiveをしている間に編集を済ませ、Live後の会場に、作品を持ってきて、チェックして下さいね!って、何とフットワークの軽さ!!

このPVの画像を見て、「アレ?」と、思われた方、そーなんですコレ『BIG SHIT COMIN'』の中にも、メンバー違いで、同じ撮影方法を使っての作品があって、お願いして、コレを再現して頂いたんです。
ポイントとしては、最後の方で、なべちゃんのマイクスタンドが、カメラの方に向かって倒れてくるところですね!アレ、偶然で、皆、倒れた瞬間にカメラにあたって、NGになるんじゃないか!?って、びびったハプニングで、しかも、何テイクも撮影して、皆フラフラになっていたので、又撮り直し~って、焦った瞬間でもあって(笑)。


そうそう、このVIDEO発売で、初めて騒音寺祭と題して、磔磔で3daysしました。
by so-on-g5 | 2008-10-19 16:11 | 懐古録