Rockバンド騒音寺の裏ツアー日記&騒音寺についてを、スタッフ目線から見た裏ブログ


by so-on-g5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

怒涛の3日間!

6月半ばに、Fuji Rockへの出演決定の連絡があり、意気揚々とテンションも上がってきていた騒音寺。そんな彼等が更に勢い付いたのが、7月前半の3日間のLiveだったんだと思います。
7月3日渋谷DUOで行われた『LEGEND OF ROCK VOL.35 ブライアン・ジョーンズ追悼 THE ROLLING STONES FESTA 』に、“The PRIVATES”、“THE FOOLS”“THE BEGGARS ”と共に出演。東京でのこういうイベントというのは、中々参加する機会が無かったので、良い経験となりました。
翌日7月4日下北沢club Queでの“SCOOBIE DO”との2バンLive!! 京都に住んでいる騒音寺のメンバー&スタッフ、取材といわれても中々すんなりとはいかなく、この時のように、東京でLiveがある時に、リハーサル後や、本番直後であったり、打ち上げ場所で平行して行われたりと、忙しい中で行われることが多いんですが、3本もの取材をこなしながらで、分刻みな中、最高のLiveをやってくれました。Liveのレポートが、エキサイト・ミュージック・モールコチラに記載されているので、見てみてください。
f0194704_23265748.jpg私の撮った携帯写真では、チョット伝わらないでしょうが、7月5日川崎club CITTA'でのLiveは、とにかくスンゲェ~!!の一言でしょう。この日のLiveも裏話でいうと、プロモーション用のLive映像が要るので、とにかくLive感を出して欲しいんで!という依頼に基づいてやったんですが、見た方は覚えがあると思うんですが、のっけから前転・側転での登場に、終始ハデなアクションありーの、メンバー全員が躍動感溢れる凄いLiveで、お客さんから『こんな凄い騒音寺、はじめて見た!』って、言われるくらいアッパーな責め責めな状態で、30分に全力投球した感じでしたね。この時の短時間に出し切るテンションっていう経験が、フジロックでも活かされていたのやと思います。

追記としては、この日岡ちゃんの髪の毛を切りに行き、前髪を作りました・・・。
[PR]
by so-on-g5 | 2008-11-27 23:40 | 懐古録